もちひこpresents 楽天オープン戦 始球式

平成31年3月17日(日)楽天オープン戦 始球式

今回、始球式を務めたのは、「アンプティサッカー」日本代表・ガネーシャ静岡AFCの若杉幸治 (わかすぎこうじ)さん」です。
若杉さんは、2000年に仕事で東名高速道路を運転中に不慮の事故に巻き込まれ右足を切断。
右足切断後、『今まで出来たことが出来ない』そう思い込み、いろいろなことを諦めていましたが、「アンプティサッカー」に出会ったことで、実は『出来ない』ではなく、『やらない』だったことに気付いたそうです。
自分を信じ、信念を持って突き進む『折れない心』があれば、どんな時でも成長できると若杉さんは信じています。
困難に立ち向かう方々へ勇気と希望を与えたい、その思いをこの始球式の一球に込めます。

 

 

平成30年3月16日(金)楽天オープン戦 始球式

今回、始球式を務めたのは、『ど根性ピッチャー山本佑輔君』です。
佑輔君は、14歳の時にユーイング肉腫という悪性腫瘍を発症しました。
そのことで肋骨2本を摘出する手術を行い、長い闘病生活を送りました。見事に病気を克服し、今でも大好きな野球を元気に続けています。
野球への熱い思いが、彼の原動力になりました。強い思いがあれば乗り越えられない苦難はないと、彼は信じています。
その姿から多くの人に希望と勇気を与えたい、その思いをこの始球式の一球に込めます。